宿主ブログ

夢海月からの大切なお知らせです。

掲載日:2016年9月7日

ブーゲンビリアと南国果実のプラント見学②

201609ブーゲンビリア

こんにちは。夢海月(ゆめみづき)宿主スギハラユミコです。

前回のブログに引き続き、富戸港の高台にある「(株)四季不知ーshikisirazuー」さんをご紹介します。

色彩のブーゲンビリアをご紹介している 前回ページはこちらをご覧ください。

201609バナナ

ブーゲンビリアとは違うプラントでは、

南国果実のバナナ、パパイヤ、ピーチマンゴーが 鉢植えで育てられていました。

201609バナナ花

↑↑上は、葉の真ん中から咲き始めた「モンキーバナナの花」です。

紫色の丸い部分が花で、花芯がぐんぐん伸びてくるに従い、周囲を囲むようにバナナの実が増えてくるそうです。

201609パパイヤ花

こちらは、パパイヤの花。顔を近づけると爽やかないい香りがします。

201609パパイヤ201609パパイヤ (2)

パパイヤは、この場所で冬を越せるかを観察するために屋外にも植えているそうです。

プラント内のパパイヤは、たくさん実をつけていました。

201609パパイヤ (3)

中には、こんなに大きなパパイヤも実っています(+o+)

201609花

フルーツプラント内にたくさん咲いている花、

なんでも、果実の天敵である害虫を駆除するための「かめむし」を繁殖させるために育てているそうです。 

できるだけ農薬を使わない栽培を目指しているんです

と吉川社長がおっしゃってました。

そしてもう一つ 鉢植えで育てる というのが、吉川社長のこだわりであり、会社名の由来でもあるんです。

こちらは、一般的な観光農園を目指している訳ではなく、

プラント内で育てた五色彩ブーゲンビリアや、南国フルーツの樹を レンタルすることで、環境が合わない場所でも 四季を問わず 楽しんでもらえるというビジネスモデルをつくっています。

例えば、出張スタイルの フルーツ狩りイベント を行ったり、

イベント会場で、五色彩ブーゲンビリアの撮影スポット を作ったり、

ブーゲンビリアティー をふるまったり、

そして、今後は 伊東市のオレンジビーチエリアを五色彩ブーゲンビリアでいっぱいにしようと計画されているそうです。

まだ誰も取り組んでいないことを進めるには、思いがけない困難もあったそうです。

タイから始めて、ブーゲンビリアのコンテナが入港した際には、検疫で「アフリカマイマイ」という害虫の死骸が3匹見つかってしまい、入国することがかなわず、泣く泣くタイへ返送されてしまったそうです。

土の変わりに「ヤシ繊維」を使うなどなど、さまざまな工夫で、やっと輸入できるようになったそうです。

四季不知 伊豆新聞記事を見る

四季不知ーshikisirazuー HPを見る

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

笑顔いっぱいの一日になりますよう♪

太陽と海の伊豆高原へ お出かけください。
絶品伊豆グルメと天城山系温泉で、秋を楽しみましょう(^O^)/

【秋のおすすめ】  
伊豆ぐらんぱる公園 徒歩10分
伊豆シャボテン公園 車で5分
大室山 登山リフト 車で5分
テディベアミュージアム 車で10分
★吹きガラス工房 クラフトハウス 車で3分
★体験陶芸工房 えんのかま 徒歩3分
伊豆ガラスと工芸美術館 徒歩3分
一碧湖 晩秋に紅葉します

★伊東温泉 お座敷文化大學(芸者体験)

秋の宿一押しプランは、下の画像をクリックしてくださいね♪↓↓

ise wagyu kaniise

宿主 スギハラユミコ 

↓↓夢海月ブログへのご意見、ご感想などお寄せください。

宿主へメールを送る

ニッポニア高原宿夢海月(ゆめみづき) じゃらんページを見る

ニッポニア高原宿夢海月(ゆめみづき)トップページへ戻る

jaranページを見るrakutenを見る